Deva の Natural Life*

アロマ&ハーブスクールDevaの「レッスン風景」と「ナチュラルな日常」。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月のハーブ&スパイス料理教室*その3

料理教室シリーズの最後は、先週末の「ままサロンさん」での出張講座でした。


ままサロンさんでの教室はお子様連れの方も多いので、開始前もにぎやかで和やかな時間が流れています*



クリスマス料理レッスン♪



レッスンでは、これまた同様に、「ローストチキン用スパイス」と「ピザソース」を一緒に作って、
みなさんでお料理しました。


クリスマス料理レッスン♪


お子様も一緒にお手伝いしてくれ♪

出来上がりの後は、楽しみなランチタイム^^


クリスマス料理レッスン♪


今回は、お子様の不調で急遽、欠席された方もいらっしゃって残念だったのですが。。。

みなさん、ハーブやスパイスについて興味深く聞いて下さり、私も楽しい時間を過ごさせて頂きました。


クリスマス料理レッスン♪



そういえば。


前回のレッスンでも、今回のレッスンでも、
ハーブ・スパイスたっぷり料理を小さなお子様がパクパクと食べてくれていました!

これまでよく「ハーブやスパイス料理を子供が食べても大丈夫ですか?」という質問を頂いてたのですが、
ハーブ・スパイスは「香・辛・料(=香味と辛味の調味料)」なので、
辛味素材(コショウやトウガラシなど)さえお子様に合わせて避ければ大丈夫ですよ!
とお伝えしていました。

とはいえ、私も「小さなお子様はハーブ・スパイス料理は好まないかも」と思ってたのですが…
こちらで積極的に手を伸ばしてくれている様子を見てびっくり! で、気づいたのは、
子供にとっては、ニンジンも、ピーマンも、バジルも、ターメリック(うこん)も初めて出会う味で、
私たち大人が思う「野菜」「ハーブ」「スパイス」といった区別はないんですよね。
反対に、和食だけの習慣が長い高齢な方ほどハーブ・スパイス料理が苦手なようで、要は馴染みの問題。

ですが、ハーブやスパイスには
 *代謝や胃腸機能の促進(冷え性、消化促進、便秘など)
 *抗ガン・抗酸化(抗老化)作用 
 *辛味・香味によって減塩食などの治療食を食べやすくする
などといった働きがあることから(インドなどでは、スパイス自体が薬とされています)、
現在、生活習慣病の対策・予防素材としても注目されつつあります。

おされな若年女子向き?なイメージがあるハーブ・スパイス料理ですが、
小さな頃から、または高齢になっても、野菜のように毎日に取り入れて頂きたい食材。
「医食同源」(医療=食べるもの)」ですね♪



ということで(長くなりましたが(^^;)。

ままサロンさんのレッスンにご参加下さったみなさま、ありがとうございました!
(ブログにUPして下さった様子はコチラ→ http://blog.zige.jp/mamasaron/kiji/732072.html


来月は、「ハーブで冬を風邪予報」をテーマに、
 *お子様も飲める!「風邪予防のハーブシロップ」
 *冷え対策に「ジンジャークッキー」
作りを予定しています。

詳細は近日中にこちら↓にUPしますので、ご覧のうえお気軽にお申し込みくださいね。
 http://homepage3.nifty.com/deva/school/herb/mama/index.html


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://devablog.blog4.fc2.com/tb.php/379-17f695a8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。