Deva の Natural Life*

アロマ&ハーブスクールDevaの「レッスン風景」と「ナチュラルな日常」。
MENU

蒸留器見学!

4月を迎えましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか??

新年度ですが、ちょっと遅れて先月のご報告。
 
3月末に、2月に続いて日南町さんでアロマ講習会をさせて頂きました。
(今回は写真が撮れませんでしたが、2月開催時の様子はコチラ
そして実は日南町さんでは、まちづくり活動の一環で精油の蒸留をされてる地域があり、
前から「ぜひ見に行きたいです~!」と叫んでいたので^^;、
今回、講習会の後にそちらに連れて行って下さいました。


場所は、廃校した小学校跡地にある「多里地域振興センター」。


多里小学校 あと

暖か味のあるとってもきれいな学校跡。 



季節的に蒸留は全て終わっていて、現在は蒸留器が置いてあるだけとのことで、
校庭の一角にその建物がありました。


蒸留器はこちら。


水蒸気蒸留器
 



興味のある方のために流れを説明しますと…。

 ①の釜に植物を入れ、水蒸気の熱と圧力で、植物の成分を気化させます。
       ↓
 ②(釜のフタと管が取り外されていますが) 成分がここを通って③へ送られます。
       ↓
 ③この管には水が入っていて、気化したものを冷却します。
       ↓
 ④冷えて液化した、植物の純粋な水と精油成分が⑤に送られます。
       ↓
 ⑤比重の違いで、上層に精油(油分)、下層に蒸留水(水分)と分離します。
  蒸留水は右のタンクに行くようになっており、アロマウォーターとして活用されます。



冷却用の管はこんなふうに↓
 

 水蒸気蒸留器
いくつか空いた穴の部分(管の入り口)に成分が入り、
その周りに水が入っていて、冷やすんですね~ほぉ~。 
 



精油はすでに業者さんに渡し済みとのことで、
こちらには、た~っくさんの蒸留水(アロマウォーター)が保管してありました。
 

ヒノキの蒸留水タンク
このタンクは「ヒノキ」のウォーター。
わかりにくいけど、上澄みに精油も少し浮いています。




そして、担当されている方にいろいろお話を伺った後、
ヒノキ、ユズ、レモン、クロモジのウォーターをペットボトルで頂いちゃいました^^; 



蒸留水もらいました



地元の方は、時々分け合ってお風呂に入れるそうです…。
なんとも贅沢な話し^^;


今月には場所を移転されるとのこのとですが、
今回、頂いた蒸留水で、石鹸を作ってお届けする予定になりました。
また、初夏には受講生さんたちと一緒に見学会をしたい!とのお願いも。笑
(これを見られたJAA修了生様で、見学ご希望の方がいらっしゃればご一報下さ~い!)


ご案内下さった日南町スタッフの皆様、
センターで対応して下さった担当者の皆様、ありがとうございました。
またお伺いする日が楽しみです♪

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://devablog.blog4.fc2.com/tb.php/312-0ae1fbb9
該当の記事は見つかりませんでした。