Deva の Natural Life*

アロマ&ハーブスクールDevaの「レッスン風景」と「ナチュラルな日常」。
MENU

ゼラニウムウォーター*

すっかり涼しくなった秋の連休。みなさま、いかが過ごされましたか??

私は変わらず仕事でしたが(><)、 庭仕事しやすい気候になったこともあって、
先日、一気にハーブの整理整頓?をしました♪

 *終わったバジルを引っこ抜き …今年もありがとう(T∇T)ノ~~
 *伸びたラベンダーやゼラニウムを剪定して美人さんに♪
 *タイムやローズマリー、ハイビスカス(ローゼル)を収穫!

などなど。


こちらは玄関先のゼラニウムローズ。



ローズゼラニウム*
写真は夏のもの。私に似た?可憐なお花たち( ´艸`)



JAA講座や一部の本では、ゼラニウム精油の抽出部位は「花と葉」になっていますが、
実際に芳香が強いのは葉っぱの部分。

実は私、ゼラニウムの精油はちょっと苦手なんですが^^;
ハーブの香りは好きなので、収穫した葉っぱでゼラニウムウォーターを作りました。


 
ウォーター作成中! 
鍋にゼラニウムと水を入れて(写真上)、ざるを置いてその中に受け皿(下)。



あとは逆さにした蓋をして加熱し、お皿に蒸留水が溜まるのを待ちます。
(蓋にいろいろ小細工がいるので、作りたい方は調べるか聞いて下さ~い!)


溜まった蒸留水は50mlくらいかな~?? ほんのちょっと。



ゼラニウムウォーター  



ハーブが少なかったのか香りはやや薄いけど、
ちゃんとゼラニウムの香りの蒸留水が採れました!

もちろん、グリセリンを加えてローションに♪


今度は「若返り」のハーブ、ローズマリーでやってみようかな(人´∀`*)


関連記事

6 Comments

ひろ says...""
こんばんは^^

へー、こんな風にして採るんですね!
蒸留水だと、香りも良いんでしょうね♪
こんな素敵なローション…使ってみたいな(*´ω`)

2012.10.08 21:10 | URL | #- [edit]
mukumori says...""
蒸留水、自宅でもできちゃうんですね!!
しかも作業自体はこんなに簡単に (@o@)
無農薬で新鮮なハーブからの蒸留水なので、とっても貴重なものですよね☆
ハーブ育てられる環境が整ったら、ぜひ作ってみたいなぁ。

Devaさんのブログ拝見していると、これやってみたい!とか、
こんなに簡単にできちゃうんだ!とか目から鱗のお話が盛りだくさんで、
とてもワクワクします (^-^*)
2012.10.09 14:47 | URL | #- [edit]
キャン姫 says...""
ほほ~っ、
写真見てるだけでも、モニターから香ってきそうだわぁ

私、ローズゼラニウムの香り大好きなんです
摘み取った後の手をくんくん嗅いで1人優雅な気分になってます(笑)
「若返り」この言葉には過剰に反応します!
ローズマリーウォーターも良さそう(^.^)
2012.10.10 13:14 | URL | #- [edit]
Deva says..."ひろさんへ"
こんにちは^^
蒸留水、本当は専用の機械があるんだけけどね。
高くて手が出ないので、その原理を家庭にあるものでやると
こうなるという^^;

いわるる「アロマウォーター」「芳香蒸留水」というもので、
アロマショップで売ってますよ♪
自然の香りは本当に心地よいので、お試しください♪
2012.10.14 10:29 | URL | #- [edit]
Deva says..."mukumoriさんへ"
蒸留水作り、ドライハーブでも出来ますよ~!
でもかなりの量を使うので、買ったものでやるには勇気がいるかも^^;
そういう意味では、育ててると気兼ねなく使えるし、
とても経済的ですよね。

あと、記事ではかなり省いて書いてますが、
フタにいろいろと小細工をしないといけなかったりするので、
万が一、蒸留水作りするときには聞いて下さいね~!
2012.10.14 10:37 | URL | #- [edit]
Deva says..."キャン姫さんへ♪"
ローズセラニウム、いい香りですよね~♪
精油はなぜかダメだけど、ハーブの香りは私も好きなので、
キャン姫さんの幸せになるお気持ち、
と~ってもよくわかります!!

若返りのローズマリーもいいですよねー。
最近、ハーブの芳香浴にもはまってて、
改めてローズマリーの良さを再認識しております。
長らく愛用されてきただけありますよね。
2012.10.14 10:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://devablog.blog4.fc2.com/tb.php/279-45f8ebaa
該当の記事は見つかりませんでした。